発達障害が15人に1人などとNHKが叫んでいるが

私は「まったく健常な人」を見たことがない

 

私がいわゆる「発達障害」という言葉を知ったのは、進学塾を辞めて自分で教室を開いてからだった。

 

計算力を磨くことが「数学ぎらい」を減らすことにつながると思っていた私は、「どんな子どもでも歓迎」というチラシをまいた。すると本当に「今まで出会ったことのないような子どもたちと出会うことになった。

 

はじめて二人目の生徒が自閉症だった。

 

自閉症という言葉は知っていたが、自閉症児に会ったことはなかったので付け焼き刃でもう勉強した。本を読めば読むほどわからなくなっていった。

 

本に書いてある話と目の前にいるT君とは全然違うのだ。

 

救いになったのは、ある児童精神科医の

 

岡田さん

一口に自閉症って言うけど
症例は自閉症児の数だけ

あるからなぁ

 

という言葉だった。

 

自閉症という言葉や、医学や教育学の知見に頼るのではなく、自分の体と心で目の前にいるT君と向かい合い「何ができるのか?」を探り続けることだと思うと、スッと心が軽くなった。

 

実際何人かの「自閉症」と診断された子どもたちの学びにつき合ってきたが、その症状(?)は千差万別だ。「自閉症」だからこうすればいいなんてマニュアルがあるとは思えない。

 

そもそもいわゆる「健常児」だって「こうすればいい」という万能な対策はない。

 

正直、15人に1人などという数字が画面を踊っているのを見ると、吐き気がする。

 

どんな石だって、少しずつ磨けば光ってくる。

 

泥団子だって光るのだ。

 

人間が光らないのは、磨き方を間違えているだけだろう。素材のせいにしてはいけない。